仕事・会社

1 名前: 風吹けば名無し 投稿日:2019/07/02(火) 14:28:49.32 ID:Vn191H0s0






https://i.imgur.com/FSAgWjZ.jpg
https://i.imgur.com/vAotZph.jpg
https://i.imgur.com/3e4yWOX.jpg
https://i.imgur.com/1JHj1g6.jpg
https://i.imgur.com/3qq84j9.jpg
 
 
 

政治・経済

1 名前: 名無しさん@おーぷん 投稿日:平成31年 04/11(木)02:17:39 ID:cXk

日本国憲法成立の経緯
1946年2月2日 米政府、「日本国憲法」の作成をマッカーサーに命じる。
1946年2月3日 マッカーサー、民政局にGHQ草案の作成を命じる。
1946年2月8日 日本政府がGHQに「憲法改正要綱」を提出。
1946年2月10日 民政局、GHQ草案をわずか1週間(2月4日~10日)で完成させる。
1946年2月13日 GHQは要綱を拒否、GHQ草案の日本語訳を日本政府に手渡し、採択しないと天皇制も維持できなくなると脅す。
1946年3月6日 日本政府、GHQとの協議に基づいた改正要綱を発表。(なお、日本側の前文などへの修正要望はほとんど認められなかった)
1946年6月20日 第90回帝国議会に改正案を提出。
1946年11月3日 日本国憲法を公布。
1947年5月3日 日本国憲法を施行。なお日本国憲法は『日本国民の自由な意思にもとづいて作られた憲法』とされた。
 
当時の日本の状況
・当時の日本は(アメリカの強い要求による)無条件降伏により連合国(GHQ)の占領下にあった。
・GHQに反抗的な国会議員はGHQより公職追放された。(つまり議員達は、いつ追放されるかという恐怖の中で、憲法改正について審議していた)
・GHQにより言論統制されていたため、GHQにとって都合の悪い内容は書けなかった。当然、憲法に関する自由な言論も許されなかった。
 (日本国民の自由な意思にもとづいて作られた憲法ではない事と原案が日本人の手によって作られたものではないという事がばれるため)
・なお、審議の行なわれた衆議院と貴族院の議事録が公開されたのは、終戦から50年経った1995年。