地域

1 名前: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2019/01/23(水)04:12:16 ID:4Ht

1.かつて鉱山資源が豊富で金銀の流通の大半が日本製だったこともあったし、そのほかにも銅石炭硫黄と豊富だった
2.温暖湿潤気候で森林面積が広く森林資源が豊富、降水量が多く山林の保水力が高いため良質な軟水も豊富
3.水産資源は言うまでもなく豊富
4.温暖湿潤気候で生産性が高く収穫が安定しているという特徴を持つ稲作に適しており、稲作が盛んだったから人口を増大させ国土に大量の人口を抱えられる環境が整ってた
 
高度経済成長期まで石炭をはじめ、金・銀・銅・鉄・亜鉛などの採掘が大規模に行われていたし(ただし高度経済成長期以降は枯渇と採掘コストの上昇で価格競争力を失った模様)
あと飲料水だけでなく工業用水として良質な軟水の豊富さと、労働力となる大量の人口で日本の工業はかなり発展したんやで
 
アメリカ東海岸(ニューヨークとか)、中国の華中~華南の北部(上海とか)も温暖湿潤気候やし
ヨーロッパでも特に経済的に発展してる部分(イギリス・フランス・ドイツとか)は西岸海洋性気候(夏が涼しい温暖湿潤気候)やし
結局日本と気候が似た地域は発展してることが多いンゴねぇ
 
 
 

雑学・知識・思考

1 :愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/18(水) 22:54:10.54 ID:IWfVa3kz0

オレは風で運ぶがいいとおもう