地域

1 名前: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2019/01/18(金)03:40:37 ID:0Ri

生きて帰ってきたら億万長者やろ
お前ら頑張れや
 
北センチネル島(きたセンチネルとう、North Sentinel Island)はインド領アンダマン諸島中の島。インド洋東部・ベンガル湾内にあり、アンダマン諸島の南西部、南アンダマン島の西、約30kmに位置する。行政面では連邦直轄のアンダマン・ニコバル諸島に属する。
島には先住民であり、センチネル語を話すセンチネル族が50人から400人程度居住していると見積もられている。言語が他のアンダマン諸島に住む部族と大きく異なることから、数千年間、他の島と交流せずに暮らしてきたと考えられている。地元政府によると、センチネル族の歴史は6万年以上に及ぶ可能性がある。
彼らは科学技術を有さず、外部との接触を拒否している。アンダマン・ニコバル諸島自治政府も、センチネル族は現代文明を必要とせず干渉も求めていないとして、一切関わらない方針であり、インド政府は外国人の上陸も認めておらず、島に近付かないよう警告している。しかし、近くの島の漁師に支払ってセンチネル島への接近を図る旅行者がおり、日本人も含まれる。