心と身体

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/07/23(水) 02:36:14.39 ID:viO+6Ovu0

遠くを見たり 目をぐるぐるさせたりなどという
様々な療法を日々実行そして
なるべく目のピントを長時間固定しないようにして
メガネやコンタクトなどの矯正器具の一切をつけない 回復を妨げるためだ
 
そしてこれらの事実は決して眼科医やメガネ屋さんは教えてくれない
言わずもがな 儲けが激減するからだ
また、療法も教えてくれない
更に矯正器具の使用が回復を妨害することを
いや、妨害どころじゃないな 視力低下を助長している事実を
連中は利用している 言わずもがな 使用者の度が変わればレンズが売れるから
 
俺はこの事実に気づき
二ヶ月で0.2→1.1にまで回復した
おまえらもいつまでも医者なんかに踊らされてんなよ
 
 
 

心と身体

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 19:58:38.96 ID:q3Jr2/aD0

ffffjjnvcdrtmgnvuimjdkjfjfhfnvrdkmnjffjfjjfj
 
 
 

心と身体

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/30(金) 04:04:15.76 ID:35+KrrCP0

あの頃の俺は見境など無かった
真の変態だった
 
 
 

心と身体

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/09(土) 18:53:56.09 ID:RTBym66T0

俺がまだ中学2年生だった頃の話だ…
 
俺んちはド田舎で、娯楽は何もなかった。
FF5とかFF6とか聖剣3が全盛期を迎え、俺はそればっかりやってた。
 
しかし、中学2年の初夏、俺は突如オ○ニーを覚えた。
おかずは何かと言うと、倉庫に積まれていた親父の使い捨てエ○本。
 
俺は休みの日、親の目を盗んで読み漁り、
気に入ったところは切り抜きにして、机の中にしまっておいた。
 
今にして思えば、あの時、性癖が決まってしまったのだろう…

 
 
 

心と身体

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/11/07(水) 01:22:31.09 ID:CwQtbRY50


教えてくれ
 
 
 

心と身体

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/03(日) 09:59:10.49 ID:qLR6fYr6O

何か幼い頃の楽しかった思い出が走馬灯のように駆け巡って・・・
あ、もう親に甘えれないんだとか、これからは自分の力で生きていかなきゃって思ったもん。
 
 
 

心と身体

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/08/22(金) 14:32:47.42 ID:jIheWxSMO

肩甲骨辺りまで延びた緩くパーマのかかった髪の毛もふもふしてえなあ
 
 
 

心と身体

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2009/01/27(火) 16:13:00.51 ID:agnrAnX20

<太った男>
優しそう、金持ってそう、美味しい物ばかり食べてそう、ケンカ強そう
<やせた男>
性格キツそう、貧乏そう、食べる物に困ってそう、ケンカ弱そう
 
 
 

心と身体

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/23(金) 16:42:41.18 ID:+G5nCg5h0

俺「オ゛ボェエエエエ゛エ゛!!!オ゛ゥ・・・オ゛ェ・・・・・オ゛ェェェェエエエエエエエエエエ゛!!!!!!!!!!!!!」
 
 
医者「・・・・・・・」
 
 
 

心と身体

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2009/03/10(火) 03:40:04.00 ID:hWTmy/2+0

あるなら絶対にやらないようにしなくては