たとえば俺が死んだ直後俺のクローンが目覚めるとするじゃん

雑学・知識・思考

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:09:08.48 ID:9GVqLzRN0

死ぬ直前までの記憶を継いでね。
 
そうした場合周りからみたら俺は死んでないけど
俺からみたらやっぱ俺は死んでるわけ?
 
 
 



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:11:45.22 ID:TgnNtJy/O

周りからしても死んでる
 
 
 

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:12:30.74 ID:fXcMNhlPO

クローンは別の個体だからな
お前には関係ないから死んでるよ
 
 
 

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:12:35.44 ID:P/RFO7eR0

記憶を受け継ぐの意味が分からん
コピペなのか?
それとも移動なのか?
 
 
 

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:12:38.97 ID:t9IAA0FB0

クローンは死亡率が高いうえに原因がわかっていない
 
 
 

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:12:41.25 ID:RcRPBizGO

おまいだと思ってる別の生き物がおまいとして生きていくだけじゃん
 
 
 

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:13:19.46 ID:9GVqLzRN0

あとクローンじゃなくてもさ、
俺が死んだ直後に冷凍保存してさ、未来で復活したとするじゃん
この場合俺は俺だと思うんだけど
クローンとなんの差があるってんだ
 
 
 

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:14:11.07 ID:0f/z1mQ20

>>14
それは毎晩の睡眠がクローンと同等だ、って言ってるの?
 
 
 

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:15:59.12 ID:+M3vdpNMO

>>14
アンパンを冷凍保存して一週間後に食べるのと
アンパンを捨ててカレーパンを買ってくるくらい違う
 
 
 

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:13:57.33 ID:wa4ZK7o4O

俺もそれよく考える。
後、昨日までの自分と今の自分は、同じなのかな?とか
 
 
 

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:14:04.10 ID:CqL5CxQ3O

おまえさんは死んでるよ。同じ記憶を持って同じ振る舞いをする誰かがいてもそれは他の誰かさね。
 
 
 

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:14:57.23 ID:8xFPVB780

生き続けてるように見えてるのは他人だけで
元のお前は完璧に死ぬ。死後に地獄があるなら地獄でチ○コしばかれてるよ
 
 
 

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:16:14.87 ID:TgnNtJy/O

考える事同じだろうけど 意識はやっぱり違うんかね?
 
 
 

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:16:52.51 ID:Gy5Ix2Ff0

俺1──→死ぬ→死んでる、完璧に死んでる 
      ↓記憶引継ぎ 
      俺2起動──→他人から見たら変わらないし、俺2もまさか俺1が死んで自分が起動したとは思わない
 
 
 

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:17:13.85 ID:E3g3QVCwO

経験としての記憶と事実としての記録には差が生まれる
 
 
 

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:17:34.86 ID:9GVqLzRN0

だって俺自身の細胞も数年立つとがらっと入れ替わるんでしょ?
数年前の俺と今の俺じゃあ殆ど違う物質で構成されてると思うんだけど
それでも俺は俺じゃん
 
 
 

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:20:15.56 ID:Gy5Ix2Ff0

「俺」が死んだという実感がわからないからなあ
 
 
 

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:20:54.78 ID:Gy5Ix2Ff0

わかってきたぞ・・・
 
難しいな
 
 
 

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:21:32.04 ID:9GVqLzRN0

で、俺と同じ疑問を持ってる哲学者はいると思うんだけどなんかそういう本ない?
 
 
 

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:21:45.34 ID:OQX/AAkyO

いつも考えるんだが記憶喪失中の人はそれまでの人とは違う人になっちゃうと思うんだ。その人の中には何が入ってるんだろう
 
説明下手だけどなんとなくわかるよな
 
 
 

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:23:57.64 ID:/DSj3zEN0

>>44
わかる
意識の単位としてだろ?
 
自分の意識が自分にしかなくて
それ以外の意識の存在を確認できないって実はものすごく恐ろしいことだと思う
 
 
 

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:22:13.62 ID:fY3ylt/g0

オリジナルは1個でしょ。
 
 
 

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:22:48.25 ID:9GVqLzRN0

>>46
そのオリジナル自体も数年前と今じゃまるっきり別の物質で構成されているんだぜ
 
 
 

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:23:49.08 ID:Gy5Ix2Ff0

>>48
でも記憶は同じだからなぁ・・
 
たとえ同じ記憶をもつ俺2がいたとしても、やっぱりそれは俺2で
俺ではないよ
他人から見たら俺だけど
 
 
 

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:22:56.86 ID:Gt6Vin/pO

おそらくやはり魂なるものがあるかと
そうでないと説明がつかない
 
 
 

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:23:13.95 ID:amUavxLaO

記憶は記憶だ
記憶はコピーされただけだろ?
もしコピーできたらだけど。
 
お前という固体がもうひとつできただけであって
お前自身が氏ねばそれは主観での死だ
つまり普通の死となんらかわりゃしない。
ただ、お前ではないお前が生き続けるけどな
 
 
 

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:24:37.84 ID:9GVqLzRN0

>>52
俺でない俺と今の俺の差異はなんなんだ?
主観では確実に死ぬと思うんだけど
何度も言うように寝るのとさほど違わないようにも思うんだ
 
 
 

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:31:47.67 ID:amUavxLaO

>>60
差異に大した意味はない
差異があろうとなかろうとそれはそれ、これはこれ、なんだよ
お前という主観世界は死んで消え去るわけだから
それイコール個の死だろ?
確かに模造は記憶を受け継ぎ生き続けるけど
それは模造の主観世界なわけでお前の主観世界にはなり得ない
 
 
 

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:33:29.57 ID:0f/z1mQ20

>>83
でも考えてみると、主観の死、て意識出来ないんだよな
自分視点からの自分の死ってのは無いんだ
 
 
 

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:40:22.85 ID:amUavxLaO

>>88
んーと
だからさ、死を眠りだと考えた時にだよ
自分が寝てるとするだろ?
その時に模造が何をしようと
自分は寝てるわけだから認識できないだろ?
その眠りが永遠に覚めないってだけであってさ
 
 
 

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:49:01.12 ID:0f/z1mQ20

>>106
でもホレ、「俺」が寝る(永遠に) その後、模造が目覚める
この場合模造は俺とイコールの存在なのでそれは「俺」な訳さ
つまり「俺」にとっては寝てから起きた、てのと同じに感じる
んじゃん?という。
 
俺も「こうだ」て思ってる訳じゃなくて、疑問ももっともだ、て
思える様になった、てだけなんよ
 
 
 

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:55:55.81 ID:amUavxLaO

>>125
まぁ確かに「俺」という固体というかその情報?
は確かに存続されるし
「俺」という存在は寝て起きたことになるわな
なるほど、そういう次元の話なのか
わかってきたわ
 
でも主観の死は主観の死であって
異常にそっくりで同じ生き方をしてきた同じ思考回路を持った双子(よくわかんないけどごめん)が死ぬようなもんだろ?
 
 
 

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:59:41.65 ID:0f/z1mQ20

>>134
客観 → Aは死んだよカンペキ 悲しい 
     B君こんにちわ これから頑張ってね
 
主観 → ファー寝て起きた なんだよBって俺は俺だよやめろよ
 
こうなのかなーーー
 
 
 

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:25:50.62 ID:UFsna2icO

盛り上がってるね!
 
 
 

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:25:56.30 ID:9GVqLzRN0

仮にさ、死んだ直後に動き出すクローンが俺自身であったとするじゃん
 
でもそれが死なないうちに起動したらやっぱ俺じゃないんだよな
 
 
 

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:27:01.15 ID:VSiNQW3vO

思い出した
 
つスワンプマン
 
 
 

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:27:02.23 ID:Gt6Vin/pO

でも無駄とわかっていてもこういう議論をするのは楽しい
 
 
 

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:28:19.31 ID:Gy5Ix2Ff0

>>69
わかる、凄くわかる
こういう類の話は時間が無くなったりグダグダになって終わるんだ
でもまた同じ話をそのうちするんだろうな
 
 
 

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:27:41.70 ID:zocy0sVCO

俺なら死ぬ前にHDDフォーマットして俺二世を絶望させる
 
 
 

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:29:52.61 ID:NK4kDN3T0

「俺」の定義が無いから話が複雑になる。
だからこういう問い掛けって不完全だよね。
 
 
 

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:30:44.73 ID:0f/z1mQ20

>>73
自意識が「俺」と判断する者が「俺」
て事で良いんでね?
 
 
 

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:31:33.37 ID:9GVqLzRN0

>>73
「俺」の定義なんて出来ないと思うんだよ。
例えばさ、俺の腕は俺の一部じゃん
でも刀でぶった切られたら俺とは関係なくなるじゃん?
その調子でどんどんぶったぎってったら何が残るんだ?
 
 
 

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:32:43.75 ID:bZ4zndH00

>>82
どっかの本であったな。
縦から真っ二つにした場合どっちが自分なのか
首を落とした場合自分は頭側だろうけど
 
 
 

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:33:57.67 ID:9GVqLzRN0

ごめんぶった切っただと死ぬからよくないな。
腕を元の腕とまったく同じように機能する機械に変えてったとするじゃん
その場合は俺はまだ俺じゃん
体をどこまで機械に変えてったら俺は俺でなくなるんだ?
 
 
 

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:41:56.61 ID:Pfe1OK2iO

>>89
脳以外は大丈夫だろ
 
問題は脳をどこまで削っても自我というか意識を維持出来るかだな
大脳なら事故で半分無くなっても意識のある人もいたけどな
 
 
 

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:30:30.50 ID:56yATkVJ0

>>1
そりゃそうだ
おまえ自身はあくまでも死んでいて、お前の代わりにそっくりさんが生きてるだけだ
 
まあ周りから見たら変わらんけどね、その現場を見ちゃった奴以外は何も感じず終わるだろう
 
 
 

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:31:03.48 ID:Pfe1OK2iO

どうでもいいけどここまで「脳」という単語が一回しか出てない件
 
 
 

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:31:04.02 ID:dbyoIBd90

A’というものができた時からAとは違う情報ができるので
AはA’似ているだけで全然違うと思う
 
 
 

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:33:04.13 ID:Qz1cI5Dg0

別の話だが、人の脳は母親が食った物で出来てるとしたら、
母親が別のもの食ってたら同じ人は生まれるけど同じじゃなくね?
脳が何で出来てるのかすごい気になる
 
 
 

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:35:02.36 ID:Gt6Vin/pO

魂があることを科学的に定義できればなんとかなるかも
 
 
 

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:36:09.90 ID:9GVqLzRN0

デカルトの「我思う、故に我あり」ってあるけど
その我自身も疑わしい存在なんじゃない?
 
 
 

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:39:15.07 ID:88JLToDFO

>>94
あれは存在することを疑っている自分の‘存在’だけは肯定できるって意味じゃない?
 
 
 

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:40:50.37 ID:sU+TcOcs0

一瞬前の自分と今の自分が同一かどうかは証明できない
けど>>1のだと確実に最初の>>1は死んでるよ、二人目の>>1は同じ記憶を持って最初の>>1も自分だったと認識してる他人
 
 
 

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:41:39.76 ID:9GVqLzRN0

>>107
その理論だと
数年前の自分と今の自分じゃまったくの別人ということになるんだよ
なんせ体を構成してるものが違うからね
 
 
 

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:03:52.76 ID:56yATkVJ0

>>108
実際別人なんじゃね
 
自分が変わっていくことと、自分と同じ物がもう一つある事がなんで同じになるんだ?
 
 
 

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:44:35.54 ID:t8L1DLnEO

「自分」がどこにあるのか。
体や臓器(脳)そのものなら1号が死んだ時点で『死亡』→1号≠2号
記憶や心とかの精神的なものだとして、2号に【コピー】すれば『増殖』したことになる→1号×2
2号に【送信】するなら、1号から2号に『移動』しただけ→1号=2号
 
で、どう?
 
 
 

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:47:16.53 ID:Gt6Vin/pO

魂なるものが存在したとして、人間に魂が宿るなら機械にだって…
そうは思わないかい?
 
 
 

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:48:12.88 ID:NK4kDN3T0

Z武さんに手足がついてもZ武だろ?
 
 
 

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:48:58.15 ID:Gy5Ix2Ff0

俺が俺を俺だと認識していたとしても、
もしかしたらそれは俺1のコピーの記憶を持った俺2なのかもしれない
ここで俺2が記憶引継ぎをしたということ、俺1の死体を見られれば、俺2は・・・
 
駄目だ、わかんね
 
 
 

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:51:23.58 ID:+Ad2SndW0

こういうスレみると毎回不老不死になりたいと思う
 
 
 

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:53:27.14 ID:bZ4zndH00

>>127
思うなぁ
死ぬのが怖い。周りの人は寝たまま氏ねるのがいいとかいうけど
どうせなら痛くてもいいから死んだってわかる死に方がいい
 
 
 

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 02:55:10.98 ID:9GVqLzRN0

>>127
俺も不老不死になりたいなと考えたんだけど
あー、不老っていうと違うな
肉体ある限り老いるのはどうしようもないと思うから
記憶をコンバートして肉体を替えればいいんじゃない?って考えにいたって
>>1の疑問がでてきたわけ
 
 
 

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:02:50.64 ID:NK4kDN3T0

哲学者ってこんな無駄な事考えてきたのか?
 
 
 

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:05:02.63 ID:0f/z1mQ20

やべエエエこんな時間だ
ちょっと自意識的に死んでBと交代してくるわ 
Bは明日頑張って仕事してくれ
じゃーなオマエラ 来世で会おう
 
 
 

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:05:58.02 ID:9GVqLzRN0

>>149
俺も明日の朝の俺に恨まれそうだわw
なんでそんな時間まで起きてたんだと
 
 
 

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:06:13.73 ID:Gy5Ix2Ff0

>>149
もしかしてお前Bじゃね?
Aは死んでて次はCなんじゃね?
 
 
 

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:07:34.34 ID:8kk5i4U2O

自分が死にゆく直前までの感覚もうつされるなら、俺が死んでクローンが目覚めたとき、今目覚めた自分が死にゆく俺の最後の感覚を覚えていて、クローンは俺のクローンでしかないことに気づくんじゃないか。
クローンがクローンだと認識して初めてクローンになってそうじゃなきゃ俺自身にもなれんじゃないか
 
 
 

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:08:54.48 ID:P4f+VDjBO

脳を移植する或いは記憶データを移植すれば死んだことにゃならない
 
 
 

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:10:06.87 ID:9GVqLzRN0

>>157
コピーは?
 
 
 

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:10:58.99 ID:8kk5i4U2O

クローンがクローンだと気づかなきゃ、それは俺と同一で、俺が死んでも俺として生きていけるならそれは俺でしかないんじゃなかろうか
 
 
 

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:15:59.30 ID:LwWG6DAI0

脳とか電気信号なんだからコンピュータで再現可能だろ
色々不都合なこと無視すりゃ
 
俺の脳のコピー作ったとしてもそれは俺じゃない
でも見方を変えれば俺そのものとも言えるね
 
 
 

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:16:38.47 ID:LUZSujXMO

三年間で細胞は全部入れ替わる。三年後の俺たちは付け足されたタレみたいなもんで
クローンと一緒
 
 
 

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:19:16.00 ID:31vc7f46O

>>1
“俺”が死んだ時点で分離したパラレルワールドと考えりゃ良い
 
“俺”の中には自己と同等人物の死と言う過去があるのは理解出来るな?
しかし同等人物の中には死と言う過去が無いんだ(現在で停止したから)。
 
つまり同等人物であれ主観を持った時点で“俺”と同等人物は別人になった。
 
ついでに小ネタ
オカルト的に言えば、“俺”と言うドッペルゲンガーが現れた為に同等人物が死んだとも取れる。
つまり同等人物が死んだから“俺”が目覚めたのでは無くて“俺”が目覚めたから同等人物は死んだとね。
 
 
 

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:20:04.16 ID:Pfe1OK2iO

もうひとつ疑問があるんだが
自分で自分は大丈夫か?と自我を認識する時に普通は脳に記憶されたここまでの流れを振り返って安心するわけだけどさ
この時に他人の記憶にアクセスできたらどうなるんだろ?
 
 
 

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:21:46.91 ID:bZ4zndH00

>>169
他人の記憶を振り返って実際の状況とは関係のない結論を出すんじゃね。
 
 
 

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:26:30.48 ID:31vc7f46O

>>169
仮想OSを立ち上げてる状態になる。
つまり処理重になり様々な機能に遅延が発生して身体的障害を引き起こす可能性も。
 
霊や悪魔が憑依したと言う現象もこの様に考えられている説がある。
金縛り等は身体動作機能が遅延している状態って事だな。
 
 
 

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:21:41.95 ID:7MWNdMNL0

スタートレックの転送装置は毎回コピーを作成してオリジナルを殺してる
って話だな
 
 
 

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:28:22.41 ID:Pfe1OK2iO

クローンも一緒だみたいなこと言ってる人に聞きたいんだけど
 
例えばいま自分の部屋にクローンが10人ぐらいやってきたとする
もちろん記憶を含め完全に同列のクローンで誰がオリジナルってこともないし意味もない
んで突然だが10人は多いから1人だけ残して後は殺して処分しようって話になったらどうする?
はたして誰でもいいんだろうか?
 
 
 

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:32:00.30 ID:31vc7f46O

>>177
皆が同じ思考ならばベースの価値観による
クジで決めるとか殺し合うとかな
 
 
 

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 03:42:56.81 ID:Pfe1OK2iO

>>181
その結果いまの自分が死ぬはめになっても納得できるんかな
でも生き残った別の一人はちゃんとこの先もやってくれるだろうし安心か…
 
 
 

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 04:23:52.53 ID:gBL+YjBD0

俺と言う存在はその脳であって
他は操り人形と最近思ってる
 
 
 

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 04:34:40.30 ID:Kyu0EL4M0

記憶や人格をコピー(カット)&ペーストできる技術が開発されたら、の話だよな。
そうしたら自分の望む記憶や人格を脳に入れて、記憶整形、人格整形ってやつができるように・・・
いや、親がひきこもり息子の記憶、人格を消して、親孝行な記憶、人格の子に書き換えちゃうとか、すごくありそうな話だ
 
可愛い子をさらって、自分の彼女だとか奴隷だとかいう記憶・人格を植えつける犯罪が多発してだな
 
 
 

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 05:01:02.28 ID:HEDWIOAH0

面白いスレだなー
 
AはA'から見て過去なんだよね
よく遅刻やら失敗やら選択ミスとかして俺の馬鹿とか思うけど
もしかしたら自分らは細切れのコピーなのかも
 
1999年のゲームキッズ?だったか久々読みたい
 
 
 

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 05:18:15.96 ID:JzFKDPzb0

>>1
君じたいはしんでる
君の記憶を引き継いだ別の肉体を
持った人が生きている
 
パラレルワールドみたいなもん
 
 
 

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/06/25(水) 08:24:52.90 ID:0f/z1mQ20

おはようございます
俺Bです
 
 
 

転載元 http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1214327348/